TOP > 弁護士になるためには

弁護士になるためには

弁護士になるためには、一般的には大学で法律を勉強した後法科大学院を卒業し司法試験を受験するのが一般的です。

しかしこの場合大学を卒業してなお法科大学院を卒業する必要があり、なかなか精神的に大変な道のりとなります。

また、大学院まで進むのですから、経済的な負担も少なくありません。
それでは時間とお金に余裕のある人しか弁護士になれないのか、と考えられがちですが、このほかにも弁護士になる道が有ります。

一つは司法試験予備試験を受験し合格することです。2011年から始まった司法試験予備試験の制度は、大学を卒業しないと法科大学院に進学できず司法試験も受験できないことが問題となり、一般にもその受験の機会をひろげようと始まった制度です。



予備試験は制限が無いため、高校卒業前でも受験は可能ですが、非常に合格率が低い難易度が高いものとなっています。

もう一つは公務員となり検察事務官となってそこから試験を受け特任検事となり5年以上経過すると司法試験を合格した検事と同等の資格が得られる、という方法もあります。

従来は弁護士になるには後法科大学院を卒業し司法試験を受験するのが一般的でした。



しかしその場合にはどうしても費用と時間が掛かること、さらには同じ大学を卒業して資格を得るため、弁護士の質が画一的になってしまうことが大きな問題となっていました。しかし最近では高校生で司法試験に合格するという人もおり、非常に多様化しています。




Copyright (C) 2016 弁護士になるためには All Rights Reserved.